使用貸借とは

羽鳥法律事務所(文京区、豊島区/台東区、北区)|使用貸借とは

  1. 羽鳥法律事務所 >
  2. 不動産に関する記事一覧 >
  3. 使用貸借とは

使用貸借とは

一般的に使用貸借は、貸し手の一方的な好意による行為です。
そのため、使用貸借が行われるケースでは、貸主と借主が家族関係であったり、知り合いなどの親しい間柄であったりすることが多く、何らかの人的関係があることが普通です。
例えば、親が子どもに対して無償で自分の敷地に家を建てさせたり、自分の家の一部に住まわせたりする場合には、基本的にこの使用貸借が用いられています。

使用貸借は、期間設定の有無や目的の有無によって終了する時期が異なります。
事前に期間を設定している場合にはその期間満了をもって、目的が定められている場合には借主の目的に従った使用収益終了をもって、目的が定められていない場合には貸主が任意の時点で、それぞれ使用貸借は終了します。
また、使用貸借は、貸主が死亡したケースでは貸主の相続人が貸主の地位を承継しますが、借主が死亡したときには終了します。

使用貸借は、家族など親しい間柄で行われることが多いため、目的や期間の定めなどしっかりとした契約がないケースが大半を占めています。
そのため後々トラブルに繋がる場合もあり、特に親子間での使用貸借のケースの場合、生前もそうですが、とりわけ相続の時にもめることがよくあります。

また、使用貸借の場合でも、消費貸借などと同様に瑕疵担保責任(契約不適合責任)が問われる場合があります。この瑕疵には「過去にその部屋で人がなくなった」などといった「心理的瑕疵」も含まれ、「具体的に建物に不具合はないけど、過去に人が自殺して気味が悪いから親せきに無償で貸した(使用貸借)」などのケースでも問題になることがあるため、注意が必要です。

羽鳥法律事務所では、弁護士歴30年以上の経験と実績を生かし、司法書士・行政書士・税理士・公認会計士・不動産鑑定士などといった、ほとんど全ての専門職と連携して、不動産・借地権についての法律的サービスを提供することができます。不動産に関する豊富な法的知識を基に、依頼者様第一主義の解決策をご提案させていただきます。
文京区本郷を中心に、渋谷区、豊島区、台東区、北区などの地域中心に、さまざまな使用貸借トラブルのご相談を承っております。お困りの際は、お気軽に当法律事務所までご相談ください。

羽鳥法律事務所が提供する基礎知識

  • 親族内承継

    親族内承継

    事業承継のひとつの方法として親族内承継が考えられます。 親族内承...

  • 金銭トラブル

    金銭トラブル

    「金の切れ目が縁の切れ目」。このような格言がありますが、金銭を貸し...

  • 有価証券の相続

    有価証券の相続

    株券や手形小切手などの有価証券上の権利も、相続の対象となります。 ...

  • 結納金

    結納金

    結納金とは、婚約が成立した証として、男性側から女性側のご家族に向け...

  • 不動産の共有とは

    不動産の共有とは

    まず、民法上、一つの物を共同所有する方法として、①共有②合有③総有...

  • 調停

    調停

    調停とは、当事者間に紛争がある場合に、裁判官と第三者である二人の調...

  • 不動産売買トラブル

    不動産売買...

    不動産売買のトラブルで大きな問題となりやすいのは、不動産に「瑕疵」...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    離婚の際、大きな懸念点となり得るものが「住宅ローン問題」です。 ...

  • 立ち退き交渉

    立ち退き交渉

    物件を貸し借りするときの契約を借家契約(あるいは賃貸借契約)といい...

羽鳥法律事務所の主な対応地域

| 千代田区 | 中央区 | 港区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 江東区 | 品川区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 北区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区 | 江戸川区 |

ページトップへ