遺産相続の順位と割合

羽鳥法律事務所(文京区、豊島区/台東区、北区)|遺産相続の順位と割合

  1. 羽鳥法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 遺産相続の順位と割合

遺産相続の順位と割合

遺言による指定がない場合、遺産相続は法律により定まった優先順位と割合により行われるのが原則です。
この取り分のことを法定相続分といいます。

法定相続分は現実に、誰が相続人となるかによって変化します。
具体的ケースを考えたうえで判断されなければなりません。

では、その順位と割合について以下説明していきます。

まず、被相続人(亡くなった方)の配偶者は常に相続人になります。
しかし、この場合にいう配偶者とは法定の手続きに乗っとって、正式に婚姻届が出されている配偶者のことを指すので、いわゆる内縁の妻には生活の実情がどうであれ相続権は与えられません。

逆に、いかに冷めきった関係であろうと婚姻状態が相続発生の時まで継続していた場合には、その配偶者には相続権が与えられます。

次に、血縁関係にある相続人に関しては順位が決められていて、高順位の相続人が相続を受けるときは、下の順位の者は相続権がなくなるものとされています。

そして、その順位は直系卑属(子や孫など)、直系尊属(親など)、兄弟姉妹の順に定められています。
例えば、被相続人に配偶者と子がいる場合には、被相続人の親や兄弟姉妹に相続権が発生することはありません。
子や孫がいなかった場合のみ、下の順位の相続権者が問題になってきます。

そして、それらの割合は
① 配偶者と直系卑属が相続人となる場合には、それぞれ2分の1ずつ
② 配偶者と直系尊属が相続人となる場合には、配偶者3分の2、直系尊属3分の1
③ 配偶者と兄弟姉妹が相続人となる場合には、配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1
④ 血族相続人が存在しなければ全てが配偶者、配偶者が存在しなければ順位に従って全てが血族相続人に割合として与えられる

というようになっています。

これらは遺言が残されていなかった場合に問題となるものですが、円滑に相続を進めるためには、覚えておかなければならないことひとつと言えます。

羽鳥法律事務所が提供する基礎知識

  • 代襲相続

    代襲相続

    代襲相続とは、推定相続人である被相続人の子どもや兄弟姉妹が、相続の...

  • 共有不動産の分割

    共有不動産の分割

    共有とは、ひとつの物を複数人が共同で割合的に所有することをいいます...

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    離婚をお考えになる際、お子様がいらっしゃるご家庭では、お子様の将来...

  • 任意売却とは?競売とどう違う?

    任意売却と...

    任意売却とは、住宅ローンを滞納してその返済が困難になった場合に、そ...

  • 近隣トラブルの対処法

    近隣トラブ...

    近隣トラブルは、アパートやマンションはもちろんのこと、戸建住宅など...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類...

    離婚には、実は4つの種類があるということをご存知でしょうか。 まず...

  • 契約書作成

    契約書作成

    契約書は他社との取引を行う上で非常に重要な役割を持ちます。 イン...

  • 結婚詐欺師から慰謝料請求するには

    結婚詐欺師...

    「SNSで知り合った外国人の男性と親しくなり、婚約した。日本への渡...

  • 不動産の共有とは

    不動産の共有とは

    まず、民法上、一つの物を共同所有する方法として、①共有②合有③総有...

羽鳥法律事務所の主な対応地域

| 千代田区 | 中央区 | 港区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 江東区 | 品川区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 北区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区 | 江戸川区 |

ページトップへ