有価証券の相続

羽鳥法律事務所(文京区、豊島区/台東区、北区)|有価証券の相続

  1. 羽鳥法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 有価証券の相続

有価証券の相続

株券や手形小切手などの有価証券上の権利も、相続の対象となります。

しかし、特に株券の場合には会社との関わりから、ただの現金を相続する場合と異なる部分が出てきます。

株券を相続人間でどのように分けるかについては、他の相続財産と同様に遺産分割協議を行えばそれで足ります。

しかし、遺産分割によって株券を取得した相続人はまず、株式の名義書き換えを行わなければなりません。
株式というものは、会社側からも名義によって管理されているものであるため、その書き換えを怠ってしまうと、会社は被相続人である故人を株主として扱うことになります。
それにより、例えば配当金は故人名義で支払われることになってしまうという不都合が生まれます。

その名義書き換えは、株券を単独で相続した場合と複数人で共同に取得した場合、いわゆる共有状態かどうかで手続きの大変さが変わってきます。
このような差は、会社法106条で株式が二以上の者の共有に属するときは、共有者は、当該株式についての権利を行使する者一人を定め、株式会社に対し、その者の氏名又は名称を通知しなければ、権利を行使することができない
と定めていることから生まれます。

まず、単独で取得したときは、株主票、株券、戸籍謄本、相続により名義書き換え請求書、他の相続人の同意書、印鑑証明書が原則必要になります。
しかし、複数人の共有の場合、相続人間で定めた共同所有株主代表者を会社に対して通知する必要も出てきます。

有価証券というものは、現金のように可分性があり、相続の最後の調整に使われやすいという利点もありますが、相続人以外との関わりを考えるとこのように必要な手続きが出てくることもあります。
有価証券が関わってくる場合には、それらを加味したうえで相続に望むべきといえます。

羽鳥法律事務所が提供する基礎知識

  • 離婚と子供

    離婚と子供

    離婚問題を話し合う際、金銭問題と同じくらい解決が難しく、争いが発生...

  • 成年後見

    成年後見

    成年後見制度とは、認知症などで判断能力がない人を法律的に支援・援助...

  • 不動産売買時契約書のチェックポイント

    不動産売買...

    不動産を買った際、契約書を取り交わすはずです。契約書にはさまざま事...

  • 遺産相続の順位と割合

    遺産相続の...

    遺言による指定がない場合、遺産相続は法律により定まった優先順位と割...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    「お金に関する話し合いが重要だということは分かっているが、お金のこ...

  • 渋谷区の借地権トラブルに強い弁護士をお探しの方

    渋谷区の借...

    借地権とは建物所有を目的とする地上権または土地の賃借権のことをいい...

  • 不動産売買契約は解除できるか

    不動産売買...

    不動産を購入した側、不動産を売却した側のどちらも条件を満たすことに...

  • 購入した不動産が欠陥住宅だった場合

    購入した不...

    欠陥住宅は一般的に、通常有すべき安全性(構造、耐火・防火、健康に対...

  • 面会交流権

    面会交流権

    離婚が成立し、お子様と離れて暮らすことになった親にも、お子様と会う...

羽鳥法律事務所の主な対応地域

| 千代田区 | 中央区 | 港区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 江東区 | 品川区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 北区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区 | 江戸川区 |

ページトップへ