強制退去の条件や流れ

羽鳥法律事務所(文京区、豊島区/台東区、北区)|強制退去の条件や流れ

  1. 羽鳥法律事務所 >
  2. 不動産に関する記事一覧 >
  3. 強制退去の条件や流れ

強制退去の条件や流れ

強制退去とは、建物の入居者である借主が家賃滞納などのトラブルを起こした際に、貸主が裁判で建物明け渡し請求を行い、勝訴判決を得た場合に行うことができる措置を指します。

この強制退去の請求を行う場合には過去の判例により、2点の条件を満たすことが必要であるとされています。

1点目は、家賃を長期間滞納していることです。
具体的な期間は定められていませんが、判例では最低でも3か月、基本的には6か月以上が基準となっています。

2点目は、貸主と借主の信頼関係が破綻していることです。
家賃を滞納している借主が、貸主からの督促の無視や貸主との連絡が取れないといった行為により、支払いの意思がないと判断されることが必要となります。
なお、督促に応じて家賃の支払いを約束をした場合も、それを破った際には信頼関係が破綻しているとみなされます。

以下では、強制退去を執行するまでの流れをご説明いたします。

まず、借主に対して電話や手紙、直接訪問することで家賃の支払いを求める旨の呼びかけを行います。
こちらに応じない場合、連帯保証人に対しても同様の請求を行います。

次に、内容証明郵便によって未払いの家賃を支払いを求める督促とその期限を定めた通知を行います。
こちらによって支払いがなされない場合には、契約解除通知を行います。

その次に、裁判所に対して明け渡し請求の申し立てを行います。
この際に、調停による和解がなされなかった場合には、裁判によって判決が下されることになります。

判決で明け渡し請求が認められたとしても立ち退きを行わなかった場合、強制執行の申し立てを行うことになります。
これが受理された場合、裁判所から借主に対して立ち退きを求める催告状が送られ、借主に退去を求めます。
指定の期日までに、建物を明け渡さなければ、裁判所の執行官が入居者とその家族を強制的に退去させ、家財道具を運び出して強制退去が完了します。

なお、この流れにのっとらず、貸主自身が鍵を交換したり、部屋へ無断で侵入して所持品を処分するといった実力行使は罪に問われるため、行ってはなりません。

羽鳥法律事務所は、文京区本郷を中心に、豊島区、台東区、北区といった地域の皆様からご相談を承っております。
相続・遺言や不動産トラブル、企業法務、訴訟問題、交通事故など様々な分野の法律問題でお悩みの方はどうぞお気軽にご相談ください。
弁護士歴30年以上の経験と実績を生かし、司法書士や行政書士、税理士、不動産鑑定士、公認会計士など他士業との連携を取ることで、ご依頼主様のニーズに合った解決を目指します。

羽鳥法律事務所が提供する基礎知識

  • 不動産の共有とは

    不動産の共有とは

    まず、民法上、一つの物を共同所有する方法として、①共有②合有③総有...

  • 渋谷区の借地権トラブルに強い弁護士をお探しの方

    渋谷区の借...

    借地権とは建物所有を目的とする地上権または土地の賃借権のことをいい...

  • 婚姻費用分担請求

    婚姻費用分担請求

    「婚姻費用」とは、夫婦や未成年の子供の生活費のように、結婚生活を続...

  • 民法(相続法)改正の解説

    民法(相続...

    2018年7月、通常国会にて相続法の改正案が衆議院で可決され、承認...

  • 訴訟問題

    訴訟問題

    訴訟とは、裁判によって、私人間あるいは国家と国民間の紛争、利害の衝...

  • 不動産売買トラブル

    不動産売買...

    不動産売買のトラブルで大きな問題となりやすいのは、不動産に「瑕疵」...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    「お金に関する話し合いが重要だということは分かっているが、お金のこ...

  • 代襲相続

    代襲相続

    代襲相続とは、推定相続人である被相続人の子どもや兄弟姉妹が、相続の...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続人は、自分自身で相続するかしないかを決めることができます。 ...

羽鳥法律事務所の主な対応地域

| 千代田区 | 中央区 | 港区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 江東区 | 品川区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 北区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区 | 江戸川区 |

ページトップへ