土地の売買時に起こりやすいトラブルとは

羽鳥法律事務所(文京区、豊島区/台東区、北区)|土地の売買時に起こりやすいトラブルとは

  1. 羽鳥法律事務所 >
  2. 不動産に関する記事一覧 >
  3. 土地の売買時に起こりやすいトラブルとは

土地の売買時に起こりやすいトラブルとは

土地の売買は、法律上は日常品の売買と同じ売買契約にあたります。しかしながら、一般的には土地の売買は日常品の売買とは重要性が異なります。

そこで、ここでは土地の売買時に起こりやすいトラブルについて解説します。

第一に、所有権移転登記をせずに土地の買収を済ませる際にトラブルは起こりやすいです。
一般的に、不動産の売買契約をするときにはその不動産の所有権の移転登記も行う必要があります。不動産の所有権は、登記をしなければ第三者に対してその所有権の主張をすることができないのです(民法177条)。登記をせずに土地を買収すると、第三者にその土地の所有権が渡り、土地を手放してしまうことも考えられます。このようなトラブルを回避するために売主が正確に所有権移転登記をしているかを確認しておくことが求められます。

第二に、土地の瑕疵が見つかったというトラブルも考えられます。
最初に述べたように、土地の売買契約も売買契約の1つである以上、民法上の売買契約の規定が適用されることになります。このときに深刻なことは、売主が土地についての重要な情報を買主に伝えていなかったりすることです。売主が買主に対して土地の重要情報を説明していなかった場合、あるいは欠陥があることを告げなかった場合に、売主は契約不適合責任を負うことになります。この場合、買主は売主に対して、追完請求(民法562条)・代金減額請求(同法563条)・損害賠償請求及び契約の解除権の行使(同法564条)を行えます。もっとも、売主の責任により修補・代金減額・損害賠償請求などができるからといって、土地売買時に注意を怠ってはいけません。土地の売買の際に少しでも不明な点があれば売主に対して尋ねるべきです。

羽鳥法律事務所は不動産についてのご相談を受け付けております。まずはお気軽にお問い合わせください。

羽鳥法律事務所が提供する基礎知識

  • 調停

    調停

    調停とは、当事者間に紛争がある場合に、裁判官と第三者である二人の調...

  • 新設された配偶者居住権とは?

    新設された...

    配偶者居住権とは2020年4月1日に施行される相続法改正のひとつで...

  • 内縁トラブル

    内縁トラブル

    内縁関係とは、「婚姻届は提出していないものの、夫婦と同等と認められ...

  • デート商法

    デート商法

    デート商法とは、「恋愛感情を巧みに利用し、契約を締結させる商法」を...

  • 遺留分

    遺留分

    遺留分とは、兄弟姉妹以外の相続人が、相続財産を最低限相続できる割合...

  • 調停離婚

    調停離婚

    調停離婚とは、当事者の申立てにより、家庭裁判所の調停によって離婚を...

  • 訴訟問題

    訴訟問題

    訴訟とは、裁判によって、私人間あるいは国家と国民間の紛争、利害の衝...

  • 相続放棄の期限

    相続放棄の期限

    ■相続放棄の効果と期限 相続放棄とは、相続人としての地位を放棄する...

  • 社外への承継(M&A)

    社外への承...

    昔は事業承継といえば、親族内承継や従業員等への承継が一般的でしたが...

羽鳥法律事務所の主な対応地域

| 千代田区 | 中央区 | 港区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 江東区 | 品川区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 北区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区 | 江戸川区 |

ページトップへ