個人間で不動産売買をする場合の注意点

羽鳥法律事務所(文京区、豊島区/台東区、北区)|個人間で不動産売買をする場合の注意点

  1. 羽鳥法律事務所 >
  2. 不動産に関する記事一覧 >
  3. 個人間で不動産売買をする場合の注意点

個人間で不動産売買をする場合の注意点

日本において不動産を売買する際には不動産会社の仲介によるものが一般的ですが、必ずしもこのような仲介をしなければならないというわけではありません。個人間の不動産売買とは、不動産会社の仲介を通さずに行う、売主と買主の間の直接的な不動産売買契約のことをいいます。個人間の不動産売買は、不動産会社の仲介手数料を支払う必要がないといったメリットもありますが、その一方で注意するポイントもあります。

第一に、個人間の不動産売買の場合には購入する不動産が適切な値段であるかどうかをしっかりと見極める必要があります。
要するに、購入する予定の不動産の値段が、周りの相場と比べて高すぎたり、逆に低すぎたりするかどうかを確認することは重要でしょう。値段が高すぎる場合は相場と合っていないということで買主と交渉した方が良いでしょう。逆に、値段が相場よりも低すぎる場合には、その事情を売主に尋ねた方がよいでしょう。

第二に、不動産売買に必要な契約書類や、不動産の情報をしっかりと把握しておく必要があります。
土地の面積や家屋の設計図といった、不動産に関する情報を把握し、その上で不動産を購入するか否かを決定しましょう。このような情報がないままの不動産購入はリスクが高いです。その点では、購入する予定の不動産を買主と一緒に見物することも有効なトラブル回避の方法であると言えます。

第三に、契約締結の際に同時に登記をすることも忘れてはいけません。
不動産の売買の場合、契約を締結しても必ずしも不動産の所有権が買主に移転するわけではありません。不動産の所有権を売主以外にも主張するためには、所有権移転登記をする必要があります。

羽鳥法律事務所は不動産に関するご相談を受け付けております。まずはお気軽にお問い合わせください。

羽鳥法律事務所が提供する基礎知識

  • 原状回復費用をめぐるトラブル

    原状回復費...

    国土交通省が策定したガイドラインでは、原状回復を「賃借人の居住、使...

  • 従業員等への承継

    従業員等への承継

    事業承継のひとつの方法として従業員への承継が考えられます。 従業...

  • 結婚詐欺師から慰謝料請求するには

    結婚詐欺師...

    「SNSで知り合った外国人の男性と親しくなり、婚約した。日本への渡...

  • 男女問題を弁護士に依頼するメリット

    男女問題を...

    男女問題は、当事者同士のプライベートな問題である場合がほとんどであ...

  • 不動産の共有とは

    不動産の共有とは

    まず、民法上、一つの物を共同所有する方法として、①共有②合有③総有...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    離婚の際、大きな懸念点となり得るものが「住宅ローン問題」です。 ...

  • 親族内承継

    親族内承継

    事業承継のひとつの方法として親族内承継が考えられます。 親族内承...

  • 家賃滞納

    家賃滞納

    賃貸借契約 において、貸主・借主双方に義務が課せられています。 ...

  • サブリース契約とは

    サブリース...

    サブリース契約とは、賃貸管理事業者が建物所有者等から建物を一括で賃...

羽鳥法律事務所の主な対応地域

| 千代田区 | 中央区 | 港区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 江東区 | 品川区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 北区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区 | 江戸川区 |

ページトップへ