サブリース契約とは

羽鳥法律事務所(文京区、豊島区/台東区、北区)|サブリース契約とは

  1. 羽鳥法律事務所 >
  2. 不動産に関する記事一覧 >
  3. サブリース契約とは

サブリース契約とは

サブリース契約とは、賃貸管理事業者が建物所有者等から建物を一括で賃借し、自らが転貸人となって入居者に転貸するシステムによって行う賃貸管理事業(サブリース)の契約のことをいいます。
単身世帯の増加に伴う住宅需要の増加や建物所有者の高齢化などの影響もあり、近年サブリース契約の件数は増加傾向にあります。

サブリース契約のメリットとしては、入居者の有無や家賃の滞納に関わらず安定した家賃収入が得られる点や、管理等の手間がかからないことなどがあげられます。
一方デメリットとしては、家賃収入が減ってしまうことや、建物所有者が入居者・家賃を自由に決められないこと、解約などでトラブルに繋がる可能性があることなどがあげられます。

このサブリース契約のデメリットを巡っては、建物所有者とサブリース業者との間でトラブルが多発しており、社会問題化しています。

国土交通省が2019年7月に行った「賃貸住宅管理業務に関するアンケート調査」によるとサブリース物件を所有する家主のうち、実に47.1%もの家主がサブリース業者との間で何らかのトラブルが生じたと答えています。
トラブルの具体的な内容としては、「サブリース業者から、サブリース物件の収入や費用、契約内容の変更条件などが家主に十分な説明がないまま契約を求められた」(22.8%)、「サブリース業者からサブリース契約の途中での大幅な賃料減額等の予期せぬ条件変更を求められた」(15.8%)などがあげられています。

また上記で問題になるサブリース業者には、既存の収益物件のサブリースをする業者と、建物の建築とサブリースをセットにする業者の2種類の業者があります。
この二種類の業者には、どちらもサブリースを扱うという点では同じですが、特に後者の場合、サブリースの面だけでなく建物の建築の面でもトラブルが生じる可能性があるため、その点も含めて注意が必要です。

これらのトラブルは総じて、不当な勧誘行為や契約条件の誤認などが要因となっています。
サブリース契約を行う際には、事前に専門家へ相談することでトラブルを未然に防ぎ、またもし仮にトラブルが発生した場合には、専門家へ依頼し、早期の解決を図ることが望ましいといえます。

羽鳥法律事務所では、弁護士歴30年以上の経験と実績を生かし、司法書士・行政書士・税理士・公認会計士・不動産鑑定士などといった、ほとんど全ての専門職と連携して、不動産についての法律的サービスを提供することができます。
サブリース契約でお困りの際は、お気軽に当法律事務所までご相談ください。

羽鳥法律事務所が提供する基礎知識

  • デート商法

    デート商法

    デート商法とは、「恋愛感情を巧みに利用し、契約を締結させる商法」を...

  • 立ち退き交渉

    立ち退き交渉

    物件を貸し借りするときの契約を借家契約(あるいは賃貸借契約)といい...

  • 共有名義の不動産でよくあるトラブル

    共有名義の...

    共有名義で不動産を所持していると、さまざまなトラブルを引き起こす可...

  • 離婚問題を弁護士に依頼するメリット

    離婚問題を...

    実際に離婚を目指すことが決まった場合、まずは相手と話し合いを進めよ...

  • 借地権の譲渡

    借地権の譲渡

    たとえ土地を借りる権利である借地権が存在しても、その土地上の建物の...

  • 遺産相続の順位と割合

    遺産相続の...

    遺言による指定がない場合、遺産相続は法律により定まった優先順位と割...

  • 親族内承継

    親族内承継

    事業承継のひとつの方法として親族内承継が考えられます。 親族内承...

  • 東京都北区の企業法務の相談はお任せください

    東京都北区...

    企業法務とは企業活動をおこなうときに必ず付いて回る法律に関する事務...

  • 契約書作成

    契約書作成

    契約書は他社との取引を行う上で非常に重要な役割を持ちます。 イン...

羽鳥法律事務所の主な対応地域

| 千代田区 | 中央区 | 港区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 江東区 | 品川区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 北区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区 | 江戸川区 |

ページトップへ