離婚後の氏と戸籍

羽鳥法律事務所(文京区、豊島区/台東区、北区)|離婚後の氏と戸籍

  1. 羽鳥法律事務所 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 離婚後の氏と戸籍

離婚後の氏と戸籍

財産分与や養育費など、離婚に際して考えなければならない問題は山積していますが、離婚後のご自身やお子様の氏や戸籍についても、注意しておかなければなりません。

一般的には、離婚が成立した場合、婚姻によって姓を改めた方は、婚姻前のご自分の姓に戻ることになります。これを「復氏」と呼びます。
ただし、離婚後も結婚時の姓をそのまま名乗っていきたい場合は、結婚当時の姓を名乗ることもできます。これを「婚氏続称制度」と呼びます。
この場合、離婚が成立した日から3ヶ月以内に「婚氏続称の届」を申請することによって、手続が可能になります。

では、離婚後の戸籍はどうなるのでしょうか。
原則として、離婚によって旧姓に戻った方は、婚姻前の戸籍に戻ることになります。これを「復籍」と言います。
しかし、お子様の戸籍の場合は事情が違います。
お子様の戸籍は、自動的に親権者である親の戸籍に移動することはなく、お子様と親の姓が異なる場合、お子様は親の戸籍に入ることができません。
それゆえ、婚姻により姓を改めた方がお子様の親権者になったケースでは、お子様に自分と同じ姓を名乗らせない限り、自分と同じ戸籍に入れることはできないのです。この場合、お子様は以前の戸籍に入ったままとなります。
もし、婚姻によって姓を改めた親権者の方が、お子様を自分の戸籍に入れたい場合は、家庭裁判所に対して「子の氏の変更許可」を申し立てることができます。
そうすることによって、お子様の姓を自分の姓と同じにすることが可能になるのです。

羽鳥法律事務所は、弁護士歴30年以上の経験と実績を生かして、他にはないリーガルサービスを提供し、依頼者様第一主義で共に戦います。
相続・遺言や不動産トラブル、企業法務、訴訟問題など様々な分野の法律問題を取り扱っており、司法書士・行政書士・税理士・公認会計士・不動産鑑定士など他士業との連携を取ることで、ご依頼主様のニーズに合った解決を目指します。
文京区本郷を中心に、豊島区、台東区、北区などの地域に対応しておりますので、離婚問題や、離婚後の氏と戸籍に関するお悩みをお持ちの方は、羽鳥法律事務所までお気軽にご相談ください。

羽鳥法律事務所が提供する基礎知識

  • 不動産の共有とは

    不動産の共有とは

    まず、民法上、一つの物を共同所有する方法として、①共有②合有③総有...

  • 契約書作成

    契約書作成

    契約書は他社との取引を行う上で非常に重要な役割を持ちます。 イン...

  • 遺留分

    遺留分

    遺留分とは、兄弟姉妹以外の相続人が、相続財産を最低限相続できる割合...

  • 不動産売買トラブル

    不動産売買...

    不動産売買のトラブルで大きな問題となりやすいのは、不動産に「瑕疵」...

  • 使用貸借とは

    使用貸借とは

    一般的に使用貸借は、貸し手の一方的な好意による行為です。 そのため...

  • 瑕疵担保責任とは

    瑕疵担保責任とは

    瑕疵担保責任とは、売買の対象物に隠れた瑕疵があったとき、売主がその...

  • 相続放棄の期限

    相続放棄の期限

    ■相続放棄の効果と期限 相続放棄とは、相続人としての地位を放棄する...

  • 退去費用に納得いかない場合

    退去費用に...

    賃借人は原状回復義務というのを負っています。そのため、家から退去す...

  • 新設された配偶者居住権とは?

    新設された...

    配偶者居住権とは2020年4月1日に施行される相続法改正のひとつで...

羽鳥法律事務所の主な対応地域

| 千代田区 | 中央区 | 港区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 江東区 | 品川区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 北区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区 | 江戸川区 |

ページトップへ