新設された配偶者居住権とは?

羽鳥法律事務所(文京区、豊島区/台東区、北区)|新設された配偶者居住権とは?

  1. 羽鳥法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 新設された配偶者居住権とは?

新設された配偶者居住権とは?

配偶者居住権とは2020年4月1日に施行される相続法改正のひとつです。
内容を簡単に説明すると相続開始(亡くなった次の日)のときに被相続人名義の建物に配偶者が住んでいた際、ある一定の期間もしくは終身、無償でそこに住むことのできる権利をさします。
では具体的にどのようなものであるのかを説明させていただきたいと思います。

【配偶者居住権とは?】

先ほど簡単に配偶者居住権の説明をさせていただきましたが、配偶者居住権の権利を得るには条件があります。
それは遺言書で遺贈されるか、遺産分割協議で承認されるかの2択になります。自然に発生する権利ではないので注意が必要です。

配偶者居住権の特徴は被相続人名義の建物に無償で住み続けられるという部分になります。
現行の制度では被相続人が他の人に自宅の所有権を渡した場合、その関係性によっては出ていかねばなりません。

また相続したとしてもその建物の価値が高く、他に遺産があまりなかった場合、他の相続人から遺留分を求められることがあります。
遺留分は遺言書でも侵害を認められないものなので、そのお金を支払うために家を売却しなければならないという状況も発生していました。
しかし配偶者居住権が設定されたことにより、配偶者は住む場所の心配をしなくても良くなるのです。また配偶者居住権は居住権であって所有権でなく、相続財産の対象になりません。

そのため所有権を別の相続人へ引き継がせることによって、預貯金などの財産を得ることが可能になるのです。
この制度を有効活用することによって、配偶者は今後亡くなるまでの生活を安定的に過ごせることが出来るようになるでしょう。
現行の法律では配偶者を保障が十分でないという判断から創設された制度です。

しかしながら注意していただきたいことがあります。
少しややこしいお話なのですが、配偶者居住権は相続財産の対象ではありませんが、相続税の課税対象です。
そのため、被相続人の遺産に相続税が発生する際には相続税を支払う必要があります。支払い額の計算は、所有権を有しているときよりも低いことが多いです。

相続税評価額は、建物の時価・建物の残存耐用年数・配偶者があとどれくらい生きるかの年数を考慮して計算されます。
適用する人や建物によって異なってきますので今後利用したいとお考えの方は専門家に相談してみるのが良いかもしれません。

羽鳥法律事務所が提供する基礎知識

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    離婚の際、大きな懸念点となり得るものが「住宅ローン問題」です。 ...

  • 東京都北区の企業法務の相談はお任せください

    東京都北区...

    企業法務とは企業活動をおこなうときに必ず付いて回る法律に関する事務...

  • 調停離婚

    調停離婚

    調停離婚とは、当事者の申立てにより、家庭裁判所の調停によって離婚を...

  • 有価証券の相続

    有価証券の相続

    株券や手形小切手などの有価証券上の権利も、相続の対象となります。 ...

  • 立ち退き交渉

    立ち退き交渉

    物件を貸し借りするときの契約を借家契約(あるいは賃貸借契約)といい...

  • 遺産相続の順位と割合

    遺産相続の...

    遺言による指定がない場合、遺産相続は法律により定まった優先順位と割...

  • 婚約破棄

    婚約破棄

    「婚約していたパートナーに婚約破棄をされ、頭が真っ白になってしまっ...

  • 代襲相続

    代襲相続

    代襲相続とは、推定相続人である被相続人の子どもや兄弟姉妹が、相続の...

  • 不動産売買時契約書のチェックポイント

    不動産売買...

    不動産を買った際、契約書を取り交わすはずです。契約書にはさまざま事...

羽鳥法律事務所の主な対応地域

| 千代田区 | 中央区 | 港区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 江東区 | 品川区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 北区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区 | 江戸川区 |

ページトップへ