婚約破棄

羽鳥法律事務所(文京区、豊島区/台東区、北区)|婚約破棄

  1. 羽鳥法律事務所 >
  2. 男女問題に関する記事一覧 >
  3. 婚約破棄

婚約破棄

「婚約していたパートナーに婚約破棄をされ、頭が真っ白になってしまった。」
このような場合、慰謝料を請求することは可能なのでしょうか。

まず、「婚約」とはどのような状態を指すのか、ご説明させていただきます。
男女が交際中に、「将来一緒になろう」「結婚できたらいいね」等といった会話を交わしただけでは、婚約状態とは認められません。
婚約を交わしたという客観的な証拠があって初めて、婚約という事実が認められることになります。
客観的な証拠に該当するものは、
・結婚の意思が双方にあり、その事実を家族や親族に明示されていた
・(未成年の場合)親の同意を得ていた
・婚約の事実を文書等に記していた
・結納などの儀式が済んでいた
以上のような事実が該当します。

上記のような事実が認められ、婚約状態が証明された場合であり、かつ、婚約破棄が不当であると認められれば、慰謝料の請求が可能になります。
婚約破棄が不当だと認められる場合は、「正当な理由がないにもかかわらず、一方から婚約を取り消した場合」です。このような場合、婚約を取り消された相手は、婚姻予約契約の債務不履行として、損害賠償請求をすることができます。
具体的に損害賠償請求できるケースは、
・不貞行為(浮気)をした等の重大な理由なく婚約破棄されてしまった場合
・宗教的な理由や差別的な理由で婚約破棄されてしまった場合
・既婚者だということを隠して婚約をし、その後に婚約破棄を迫った場合
以上のような例が挙げられます。
この他にも、婚約破棄を迫った相手の年収が高い場合や、婚約破棄を理由に中絶を迫った場合等であれば、請求できる慰謝料の額が高くなる可能性があります。
いずれにしても、婚約破棄問題の結末は、個別の事情に大きく左右されます。できるだけ早い段階で、弁護士にご相談いただくことをおすすめいたします。

羽鳥法律事務所は、弁護士歴30年以上の経験と実績を生かして、他にはないリーガルサービスを提供し、依頼者様第一主義で共に戦います。
相続・遺言や不動産トラブル、企業法務、訴訟問題など様々な分野の法律問題を取り扱っており、司法書士・行政書士・税理士・公認会計士・不動産鑑定士など他士業との連携を取ることで、ご依頼主様のニーズに合った解決を目指します。
文京区本郷を中心に、豊島区、台東区、北区などの地域に対応しておりますので、男女問題や、婚約破棄に関するお悩みをお持ちの方は、羽鳥法律事務所までお気軽にご相談ください。

羽鳥法律事務所が提供する基礎知識

  • 結婚詐欺師から慰謝料請求するには

    結婚詐欺師...

    「SNSで知り合った外国人の男性と親しくなり、婚約した。日本への渡...

  • 審判離婚

    審判離婚

    審判離婚とは、調停離婚が不調に終わった際、家庭裁判所の審判によって...

  • 退去費用に納得いかない場合

    退去費用に...

    賃借人は原状回復義務というのを負っています。そのため、家から退去す...

  • 遺産分割

    遺産分割

    遺産分割とは、被相続人が遺言を残さずに死亡した場合に、一旦は相続人...

  • 調停離婚

    調停離婚

    調停離婚とは、当事者の申立てにより、家庭裁判所の調停によって離婚を...

  • 親族内承継

    親族内承継

    事業承継のひとつの方法として親族内承継が考えられます。 親族内承...

  • 任意売却とは?競売とどう違う?

    任意売却と...

    任意売却とは、住宅ローンを滞納してその返済が困難になった場合に、そ...

  • 共有名義の不動産でよくあるトラブル

    共有名義の...

    共有名義で不動産を所持していると、さまざまなトラブルを引き起こす可...

  • 購入した不動産が欠陥住宅だった場合

    購入した不...

    欠陥住宅は一般的に、通常有すべき安全性(構造、耐火・防火、健康に対...

羽鳥法律事務所の主な対応地域

| 千代田区 | 中央区 | 港区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 江東区 | 品川区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 北区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区 | 江戸川区 |

ページトップへ