不動産に関する記事一覧

不動産に関する相続、不動産、企業法務の対応は羽鳥法律事務所にお任せ下さい。

  1. 羽鳥法律事務所 >
  2. 不動産に関する記事一覧
不動産

不動産とは、「土地及びその定着物」、つまり動かすことができない財産をいい、この「定着物」の例としては、建物や立木(特例法による)、庭石、石垣などがあります。

住空間としての不動産は、生活の本拠(拠点)であり、人生を形作る基盤として欠かせない場所です。また、不動産は高額のものが多く、一部の者を除いて人生で数回取引するかしないか、わからないほどのものです。

それゆえ、不動産に関するトラブルは不動産の売買契約をはじめ、不動産の明け渡し、立ち退き交渉、借地権についての問題など多岐にわたり、また不動産売買一つとっても、「高すぎる買い物をしてしまった」「解約したくても解約できない」「契約当初からシロアリ被害にあっている」など様々なトラブルが生じ、問題の解決方法や手順を誤れば、自分の生活に重大な悪影響を及ぼしかねません。

このため、不動産トラブルを個人で解決しようとするのではなく、不動産トラブルに詳しい法律専門家にご相談することが一番賢明な判断だと言えます。

当法律事務所は、弁護士歴30年以上の経験と実績を生かして他にはないリーガルサービスを提供し、依頼者様第一主義で共に戦います。
相続・遺言や不動産トラブル、企業法務、訴訟問題、交通事故など様々な分野の法律問題を取り扱っており、司法書士・行政書士・税理士・公認会計士・不動産鑑定士など他士業との連携をとることで、ご依頼主様のニーズに合った解決を目指します。
文京区本郷を中心に、豊島区、台東区、北区などの地域に対応しておりますので、お困りの際は羽鳥法律事務所までお気軽にご相談ください。

不動産に関する基礎知識や事例
  • 不動産売買トラブル不動産売買トラブル

    不動産売買のトラブルで大きな問題となりやすいのは、不動産に「瑕疵」があった場合です。「瑕疵」とは「欠陥」や「キズ」とほぼ同じ意味であり、備わっているべき当然の機能が備わっていないこと、あるいはあ...

  • 共有不動産の分割共有不動産の分割

    共有とは、ひとつの物を複数人が共同で割合的に所有することをいいます。例えば、ABCが、共同で土地を購入し、それぞれ3分の1の割合で土地所有権の持分を取得するような場合がこれにあたります。 各共...

  • 賃料増額・減額賃料増額・減額

    賃貸の賃料(家賃)については、借地借家法の規定により、貸主は賃料増額請求ができ、逆に借主からは賃料減額請求をすることができます。しかし、各当事者の私欲によって、この正当な請求する権利を濫用されな...

  • 家賃滞納家賃滞納

    賃貸借契約 において、貸主・借主双方に義務が課せられています。 このうち、家賃を支払うことは借主の義務であり、これを借主が怠るのであれば、貸主の義務である「貸すこと」も行う必要がないこととなり...

  • 立ち退き交渉立ち退き交渉

    物件を貸し借りするときの契約を借家契約(あるいは賃貸借契約)といい、この賃貸借契約には普通借家契約と定期借家契約という2種類の契約があります。 このうち、一般的な前者は、借主の保護のため、契約...

  • 借地権の譲渡借地権の譲渡

    たとえ土地を借りる権利である借地権が存在しても、その土地上の建物の権利者は自由に自己の所有物を処分できるため、建物を誰かに売ったり貸したりすることは出来ます。 しかし、その建物を買い受けた人間...

  • 不動産の共有とは不動産の共有とは

    まず、民法上、一つの物を共同所有する方法として、①共有②合有③総有の3つがあります。 ①共有とは、各自の持分が認められており、各自の自由意思でその持分を処分ができる共同所有方法です。 すなわち...

  • 不動産の共有を解消するには不動産の共有を解消するには

    共有不動産の共有状態を解消する方法としては、まず、各共有者は、他の共有者に対して、いつでも共有物分割請求をすることができます(256条1項本文)。そして、ここで共有者間の協議が調わない場合には、...

  • 強制退去の条件や流れ強制退去の条件や流れ

    強制退去とは、建物の入居者である借主が家賃滞納などのトラブルを起こした際に、貸主が裁判で建物明け渡し請求を行い、勝訴判決を得た場合に行うことができる措置を指します。 この強制退去の請求を行う場...

  • 不動産売買契約は解除できるか不動産売買契約は解除できるか

    不動産を購入した側、不動産を売却した側のどちらも条件を満たすことによって、不動産売買契約を解除することは可能です。契約を解除できるパターンはいくつかありますが、売却側と購入側でそれぞれのケースを...

  • 渋谷区の借地権トラブルに強い弁護士をお探しの方渋谷区の借地権トラブルに強い弁護士をお探しの方

    借地権とは建物所有を目的とする地上権または土地の賃借権のことをいいます。 借地権には大きく分けて、旧借地法における借地権と新借地借家法における借地権の二種類が存在し、新借地借家法における借地権に...

  • 近隣トラブルの対処法近隣トラブルの対処法

    近隣トラブルは、アパートやマンションはもちろんのこと、戸建住宅などどこでも発生する可能性のある問題です。 近隣トラブルが発生しないようにある程度事前に対処することは可能ですが、近隣トラブルは相手...

  • 購入した不動産が欠陥住宅だった場合購入した不動産が欠陥住宅だった場合

    欠陥住宅は一般的に、通常有すべき安全性(構造、耐火・防火、健康に対する安全性)や基本的な使用機能を欠いた住宅のことを指すと考えられています。 住宅の購入は一般的に人生を左右する大きな買い物です。...

  • 瑕疵担保責任とは瑕疵担保責任とは

    瑕疵担保責任とは、売買の対象物に隠れた瑕疵があったとき、売主がその瑕疵についての責任を負うことをいいます。 瑕疵担保責任における「隠れた」とは、取引上要求される一般的な注意では発見できないこと、...

  • サブリース契約とはサブリース契約とは

    サブリース契約とは、賃貸管理事業者が建物所有者等から建物を一括で賃借し、自らが転貸人となって入居者に転貸するシステムによって行う賃貸管理事業(サブリース)の契約のことをいいます。 単身世帯の増加...

  • 使用貸借とは使用貸借とは

    一般的に使用貸借は、貸し手の一方的な好意による行為です。 そのため、使用貸借が行われるケースでは、貸主と借主が家族関係であったり、知り合いなどの親しい間柄であったりすることが多く、何らかの人的関...

  • 不動産売買時契約書のチェックポイント不動産売買時契約書のチェックポイント

    不動産を買った際、契約書を取り交わすはずです。契約書にはさまざま事項が記載されており、すべて目を通すのは面倒だと思ってしまうかもしれません。しかし、後々のトラブルを生じさせないためにも、契約書を...

  • 退去費用に納得いかない場合退去費用に納得いかない場合

    賃借人は原状回復義務というのを負っています。そのため、家から退去する際には、汚れや傷の修繕費用などのために退去費用を支払わなければなりません。しかし、退去費用の見積もりに納得できない場合、大家さ...

  • 土地の境界線トラブル土地の境界線トラブル

    隣人トラブルにはさまざまなものがありますが、土地の境界線トラブルというのも珍しくありません。建物や設置物が他者の土地にはみ出しているなど抗議を受けた際、境界線が曖昧で定まっていないと解決になりま...

  • リフォーム工事で起こりやすいトラブルリフォーム工事で起こりやすいトラブル

    リフォームを業者に頼んだのに工事がずさんだった、工事後の不具合に対応してもらえない、高額な料金を請求された、このようなトラブルは、リフォーム工事で多く発生しているものです。リフォームはたいていの...

  • 土地・建物の明け渡し土地・建物の明け渡し

    土地や建物を貸していたが賃料が支払われない場合、最終的には強制退去による明渡しを求めることになります。しかし、その際でも、強引に鍵を開けて部屋に入ったり、鍵を交換したり、土地上にあるものを勝手に...

  • 原状回復費用をめぐるトラブル原状回復費用をめぐるトラブル

    国土交通省が策定したガイドラインでは、原状回復を「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を...

  • 任意売却とは?競売とどう違う?任意売却とは?競売とどう違う?

    任意売却とは、住宅ローンを滞納してその返済が困難になった場合に、その物件を金融機関の合意を得て売却することを指します。 住宅ローンを滞納した場合、借入先の金融機関がローンを保証する保証会社に弁済...

羽鳥法律事務所が提供する基礎知識

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    財産分与や養育費など、離婚に際して考えなければならない問題は山積し...

  • 訴訟問題

    訴訟問題

    訴訟とは、裁判によって、私人間あるいは国家と国民間の紛争、利害の衝...

  • 遺産分割

    遺産分割

    遺産分割とは、被相続人が遺言を残さずに死亡した場合に、一旦は相続人...

  • デート商法

    デート商法

    デート商法とは、「恋愛感情を巧みに利用し、契約を締結させる商法」を...

  • 調停離婚

    調停離婚

    調停離婚とは、当事者の申立てにより、家庭裁判所の調停によって離婚を...

  • 結婚詐欺師から慰謝料請求するには

    結婚詐欺師...

    「SNSで知り合った外国人の男性と親しくなり、婚約した。日本への渡...

  • 親族内承継

    親族内承継

    事業承継のひとつの方法として親族内承継が考えられます。 親族内承...

  • 面会交流権

    面会交流権

    離婚が成立し、お子様と離れて暮らすことになった親にも、お子様と会う...

  • 社外への承継(M&A)

    社外への承...

    昔は事業承継といえば、親族内承継や従業員等への承継が一般的でしたが...

ページトップへ